情報商材アフィリエイト

情報商材アフィリエイトのやり方や、絶対にやるべき人・やっちゃダメな人

僕がここまで専業でやってきた上で行ってきたメインとなる活動は「情報商材アフィリエイト」です。

 

なぜこのジャンルを選んだのかっていうと、
まあ、簡単に言ってしまえばこの道しかほとんど知らなかったからです(笑)

 

別に「情報商材をアフィリエイトしたかった」のではなく、

「何かを語ったらそれだけで誰かに価値を提供できるような人間」

になりたくて色々情報収集していたら、
気がついたら「情報発信ビジネス」と言われるカテゴリ-でせっせと取り組んでいました。

 

その過程で、色々と必要なマインドやスキルとかを勉強してたんですけど、
その中でよく出てきた言葉が「コピ-ライティング」「DRM(ダイレクトレスポンスマ-ケティング)」でした。

 

これらを習得したくて、
その結果として情報商材をアフィリエイトする、
という形に行き着いたというわけです。

 

情報商材はアフィリエイトに支払われる報酬額も超高く、
僕自身も過去にいくつもの情報商材や光学スクールなどを買っていたので、
買う人の悩みや願望が手に取るようにわかるからこそ、
僕も情報商材を紹介するようになっていきました。

 

で、気がついたら、
たくさんの情報商材をレビューしたりするブログになってたっていう感じです。

 

というよりも、僕の場合「やりたいこと」よりも
「やりたくないこと」を決めてから進んだ方が効率よく立ち回れたタイプなので、

 

・量産作業はしたくない
・在庫は抱えたくない
・資金は使いたくない
・出来るだけムダなことはしたくない

 

とか、あれこれ考えながら情報収集していった先に
自然と進んでいったのがこの道でした。

情報商材アフィリエイト市場に参入するメリットやデメリット

情報商材アフィリエイトは僕のクライアントさんにも今でも実践してもらっている手法で、
全くのど素人状態からスタ-トした人が1ヶ月くらいで初成約を挙げられたり、
半年くらいで月収100万円くらいに到達したりなど、
現実的にまだまだ稼ぎやすい市場だと思います。

 

僕のお客さんではないにしろ、
むちゃくちゃ天才的な人とかだったら、
参入して数ヶ月で月収7桁とか、数年くらいで年収億プレイヤ-になったりする人もいるくらいです。

(厳密には「情報商材のアフィリエイトのみ」でそこまで到達している人はいないと思いますが)

 

だから、

「最も手っ取り早く大金を稼ぐためにはどの手法がいいのか?」

と考えた時に、その筆頭に挙げられる手法といえば、たぶん、情報商材アフィリエイトなんじゃないかと。

 

・・・っていうのが情報商材アフィリエイタ-の
お決まりのポジショント-クや主張なのですが、
まあ、実際のところそうなのかな、って思います。

 

物販ASPのアフィリエイトなどで大きく稼いでいる情報発信者さんたちの話を見ても、
「半年で月収100万円」ってなると、相当優秀なプレイヤ-っぽいのが常識のようです。

 

まあそんな常識とか平均値なんて気にする必要は一切ないんですけど、
現実的に、パパパっと儲かりやすいのはやっぱり情報商材なのかな?と思います。

 

ただ、これは向き不向きもあるので、
だからと言って全ての人が情報商材アフィリエイトにチャレンジするべき!
とは現在の僕は全く思っていません。

 

そりゃあアレです、僕だって、
スタ-トし始めた頃は上に挙げたような理屈を使って、

「だから情報商材アフィリエイトがイチバンですよ!」

っていうやり方で、右も左もわからないような初心者さんに対してもセ-ルスト-クをしていました。

 

まあいまもそういう初心者の人にもオススメすることは多いですけど、

「こういう人は向いてないですよ!」

っていうテイストを結構強める方向性に少しずつシフトしていきました。

 

なんせ、甘い認識でチャレンジしたとしても、
とことん上手くいかない人が多いからですね。

 

長いことやってみたけどなかなか上手くいかない!なんてことは少数派で、
ほとんどの人は何記事かちょろっと書いて
「やっぱりやめた」みたいな感じでフェ-ドアウトしていく人が大多数です。

 

これは僕のところだけでなく、
全体的に、アフィリエイトにチャレンジする人ってこんな感じの人が多いのである程度は仕方ないとは思います。

 

ただそれにしても、
情報商材アフィリエイトの「儲かりやすさ」ばかりをクロ-ズアップするのはちょっとダメだな-
っていうのを多少なりとも反省はしています。

 

もちろん、僕は昔から「やりたくない人」に対して無理強いすることはなかったのですが、
ちょっと商材アフィリエイトの可能性を語りすぎて、
あまりにも「稼げる素養のない人」に対しても期待感を持たせてしまったことだってあったかもしれません。

 

素養がないんだったら努力するしかないのがネットビジネスだと思うんですけど、
やっぱり、どうしても、最初から努力するつもりのない人に教材を売るのはあまりにも不毛だと思っています。

 

情報商材アフィリエイトに限らない話ですが、
稼ぐためには「コツ」みたいなのがあって、
そのコツを抑えてないまま努力しても、
なかなか思うように結果に繋がらないっていう人が多いのも事実だと思います。

情報商材アフィリエイトはラクじゃない

だから、情報商材アフィリエイトも、
確かに利益率は高いですがラクなもんじゃありません。

 

「初心者でも誰でも出来ますよ!」って僕だって言いたいところなんですけど、
気軽な気持ちで参入して、ロクに記事も書けずにフェ-ドアウトしていく初心者もこれまだにたくさんみてきました。

 

「そんなに難しいもんなのか?」と言われれば、
実際に記事をきちんと投稿し続けられる一定水準を持った人からすればそんなことはないんですけど・・・

 

これはもう、「人による」としか言えません。

 

そこはとっても微妙なところなのですが、何というか、
一皮剝けないと突き抜けていくことが難しいジャンルなのかな〜って思います。

 

思考の転換というか、大きなパラダイムシフトを起こさないとダメなんですね。

 

そこに必要なのはセンスとかではなく、
頭の真っ白さとか、そういう感覚のような気がします。

 

例えば、こういう絵はもしかするとどこかで見たことあると思うんですけど、

「後方を向いてる若い女性」に見えるのか?
あるいは「横を向いている醜い老婆」に見えるのか?

みたいなパラダイムシフトが必要になってきます。

(なんかドヤ顔でパラダイムシフトのこと語って申し訳ありませんが、
こういうのは「7つの習慣」とかにあるのでそっちの方がわかりやすいと思います。)

 

平面の2次元の世界しか見えていない昆虫さん達が、
3次元のことを認識できないように、

「提供する側」「与える側」

の視点で物事を見ることができないままだと、
気持ちいいくらいうまくいかないのが情報商材ジャンルです。

 

まあここまでの話は何も情報商材アフィリエイトに限った話ではないかもしれませんが、
僕の感覚的にはそんな感じのある意味特殊な市場なので、
そこに順応できるかどうかがキ-ポイントだと思いますね。

 

特に情報商材の市場は、市場やタ-ゲットに対して、
考え方を真っ白にして取り組んでいける人の方が向いてる気がします。

 

別に、人を騙したりするのがどうとかってわけではないのですが、
(人を騙すのはダメです)
コツみたいなものを感覚で掴めないと、なかなか難しいジャンルですね。

 

世間的にはやたらと敬遠されている市場ですし、
身のない情報発信を繰り返してせ-ルスばっかりしてても
思うように稼げないでしょう。

 

個人的には、勉強ができて、自分の進化に繋がって、
情報発信力をトレ-ニングしながらお金を稼ぐことができるので、
やっぱりオススメなジャンルなんですけどね。

 

ただ、今から取り組む上での1つおすすめな考え方としては、

「情報商材アフィリエイトに取り組むぞ!」

っていう抽象度で物事を考えない、ということです。

 

あくまで自分が情報発信者としての立場をとって、
進化や成長を目指していくために、
その過程で結果としてキャッシュポイントが情報商材になっていた、
というのが望ましいと思います。

 

その辺は教材で言えば「新世界アフィリエイト」的な考え方なんですけど、
この教材は、情報商材アフィリエイトに限らず、
情報発信をやる側の人間として活動していくのであれば
ぜひ学んでほしいコンテンツですね!

 

ちょっと話の流れで宣伝みたいになってしまったんですけど、
すいません、本当にそういうつもりじゃなかったんですよ。

 

でも、きちんと記事のリンクは記載しておきます。

新世界アフィリエイトのレビュ-記事

情報商材アフィリエイトの形式はそれぞれ

ここまで、色々と情報商材ジャンルの悪いクセみたいなところも話してきましたけど、
別に、どこかの教材や、誰かから教わったノウハウとかって、
そういう「型」にはまって実践しなきゃダメなわけではありません。

 

むしろ、

「情報商材をお客さんに買ってもらうためにどうすればいいのか?」

というところから自分が取り組むべき手法を選択し行動に移していく、
というのが適切な考え方です。

 

その辺の柔軟性を持てる人なら、お金稼ぎの点でいえば、
最も効率の良い手法だということですね。

 

「メルマガアフィリエイト」だとか「商材アフィリエイト」だとか、
そういう「手法ありき」の捉え方で考えてしまうと、
特定の教材のみを参考にして、プラモデルを組み立てるみたいに実践を繰り返してしまう傾向が多いです。

で、それでうまくいくケ-スはなかなか稀です。

 

繰り返しになりますが、

「この情報商材をお客さんに買ってもらうためにどうすればいいのか?」

から逆算的に考えて、その結果この手法を取り入れてみよう!
と考えていく方が、今後どんな活動をするにあたっても応用が効きやすくなってきます。

 

そうでなく、ただ単純に「お金を稼ぎたいから!」みたいな理由で情報商材を買って、

「このノウハウを実践する!」

みたいなアプロ-チを入り口にしてしまうと、
型にハマった動きしかできなくなって、
なかなか柔軟性のある活動ができません。

 

だから、これから参入するなら、
出来るだけ全ての常識を疑うくらいで取り掛かったらいいんじゃないですかね。

 

もう「自分が道を切り開いてやる!」くらいの勢いで
取り組める人なら、このジャンルは非常に向いていると思います。

 

とはいえ、
ネットビジネス未経験者がゼロからその手法を編み出すというのも
もちろん効率が良いとはいえません。

 

本来であればそのくらいの勢いで取り組むべきだし、
センスある人はそんな感じで一人で突き進んでいく人も多いです。

 

でも、多くの人にとってはそれってちょっと難しい道なので、
だからこそ序盤は情報商材とかを参考にして進めていった方が合理的じゃない?というわけです。

 

これがまた、何かの情報商材を購入してもらうにあたってのポジショント-クで
よく使われる理屈ですね(笑)

 

で、頭もキレて行動力もケタ違いな先人たちが、

「こうやっていくのが合理的だろう」

と示してくれた「情報商材を売るための効果的アプロ-チ」は、
大きく分けると2つに分けられると思います。

 

それが、

・DRM(ダイレクトレスポンスマ-ケティング)

・ブログ(サイト)を主軸にするレビュ-型スタイル

です。

 

これはあくまで考え方としての分類なのですが、
基本的には、情報商材を売るための効果的なアプロ-チは大きくはこの2種類でしょう。

 

「なんでそうすべきなのか?」

というと、要するに

「そうしないと情報商材なんて商品は売れないから(それが売りやすいから)」

とも言えます。

 

別に、メルマガを使わなくたって、レビュ-しなくたって、
要するに情報商材を欲しい人に対して売りさえすればいいわけです。

 

でも、これまでの先輩達が一生懸命

「どうすれば売れるのか?」

実践や検証を繰り返してきて、
そうやって研鑽されて淘汰された手法こそが大きく分けると上の2つっていうわけです。

 

こんな感じの、柔軟性を持った思考で全てを考えていくのがコツですね。

 

僕がやっているDRMもブログが主体なんですけど、
レビュ-型のスタイルも取り入れています。

 

基本的に、情報商材は価格も安くなく、
しかも「情報」っていう特殊な形態なので、

 

・これ本当に買う価値があるのか?必要性は?
・買ったらどうなれるのか?
・そもそも騙されやしなのか?

 

とか、そういうところからお客さんに理解してもらう必要があるわけです。

(あるいはそういうことを既に理解している人を狙って集める。それに適しているのが「ブログ」)

 

だから、メルマガとかブログを使って、
お客さんにその必要性とか、買う価値とかを伝えないと売れにくくて、
だからこそ、DRMやレビュ-というような形が有効であるとされているわけです。

ライティング力とか情報発信力を鍛えて行く必要がある

また、情報商材アフィリエイトは、前述したように

「情報発信の過程で良かったものを紹介していく」

というスタイルが1つの解でもあるので、
当然ながら面白い情報を発信していける能力が必要です。

 

自分にとって何も詳しくない分野で面白い情報発信なんてできるはずないので、
その特定の分野において、これから人以上に勉強して、詳しくなってく必要があります。

 

あとは、それをきちんとわかりやすく伝えるためのライティングスキル(コピ-ライティング)もですね。

 

「必要です」っていうか、これからそれらを身につけて行く意欲がないといけません。

 

だから、実力向上や成長や進化をモット-にしている
意欲のある人とかは、ぜひチャレンジしてほしいって本気で思っています。

 

そういう人にとっては

「学びながら稼ぐことができるなんて!ウッヒョ-」

ってなると思うんですけど、
そういう人こそ向いていますよね。

(そもそも情報発信やDRMはキャッシュポイントが情報商材じゃなくたって良いのですが)

情報商材アフィリエイトのまとめ、向いてない人はこういう人!

僕個人の意見で言えば、
情報商材アフィリエイトって、ケタ違いに効率的に収益を上げられやすいので、

「初心者でもオススメですよ!」

と言いたいところです。

 

でも、どうしても「ムリ」とか「難しそう」と考えてしまう人は、
参入すべきではないジャンルでしょう。

 

「実績がないから」とか、
「自分はまだ何にも詳しくないから」とか、
そういう不安が先立つようであったら、
正直言って、もうその時点で情報商材アフィリエイト(あるいは情報発信)は厳しいかもしれません。

 

上手く行く人ほど、
「今の自分」で考えずに「未来の自分」の視点から物事を考えている気がします。

 

実績がなかろうと、特定のジャンルに今は詳しくなかろうと、

「これからガツガツと経験していけばいいじゃん!」

っていう人でないと、多分上手くいきません。

 

あとは、根本的に情報商材という胡散臭い商品を許容できない人とかもですね。

 

だから望ましいのは、
1回でも自分で情報商材を買ったことがあって、
情報商材を購入する人の気持ちが良くわかるような人が適切があるんじゃないかと思います。

 

僕なんて、センスも何もなかったですけど、
結局のところ「自分が情報商材をあれこれ買っていたから」
っていうだけでここまで活動してきたタイプなので、
ノウハウコレクタ-みたいになってしまっている人とかはおすすめなんですけどね。

 

そういう人は、視点を「発信する側」にシフトするだけで
コロッと伸びていくと思いますよ。

 

また、情報発信的な観点で言えば、
周囲や常識がどうであろうと、
空気感を破って自分の意見や主張を伝えられるような人の方が向いてると思います。

 

反対に、

「この人がこう言ってたからこうする」

というように、自分の意見をプッシュしていくのが苦手な人とかは向いてないかもしれないですね。

 

まあ、最初はそういう人でも、
訓練次第でいくらでもレベルアップしていくことは可能です。

 

逆にもう、常識とか周囲の目とか気にしないで、
思っていることをガンガン自分の言葉で語れるっていう人なら、
絶対に情報発信やるべきです。

 

とか、もうすでに常識的な一般人とは違って、
普通に生きてるだけで突き抜けてるような傑物とかは
情報発信しないのは罪だと思っててほしいくらいです。

 

多くの人は、魅力的な人間の魅力的な言葉を聞きたがっています。

 

この世の中に言ってやりたいことがある!とか、
日本をこうやって変えたい!とか、
そういう魂の咆哮みたいなものを持っている人はぜひチャレンジしてみてくださいね!

 

ということで、もはや「情報商材アフィリエイト」という抽象度の話ではなくなったのですが(笑)、
もしよかったら1つの指標として役立ててみてください。

ピックアップ記事

  1. コピ-ライティングの基礎と書き方のコツ10選!これを知ってるだけで劇的に文章力が…

関連記事

  1. アフィリエイト講義

    DRM・アフィリエイトを今から実践する人に手に入れて欲しい情報商材まとめ

    情報商材からDRMを学ぶなら、入口はいくつかあると思います。個人的…

  2. アフィリエイト講義

    【情報商材アフィリエイト】情報発信をしていくテ-マの選定について

    アフィリエイトや情報発信をやる!となったら、まずはじめに「どんなジャン…

  3. 情報商材アフィリエイト

    【情報商材アフィリエイト】長く売れ続けるためのコツ

    アフィリエイトを実践している方から、「どの教材を推奨しようか考えて…

  4. 情報商材アフィリエイト

    既に情報商材はとっくに出尽くした感がある & 今後の情報商材の行く末などなど

    昔っから薄々気がついている人も多いでしょうが、情報商材のほとんどって、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. せどり
  2. プロフィール

アーカイブ

  1. もう一歩踏み込んだコピ-ライティング

    説得力を高める文章の書き方「主張をしたら必ず理由を添える」で記事は読みやすくなる…
  2. もう一歩踏み込んだコピ-ライティング

    【アフィリエイト】タ-ゲット 設定の絞り方。ペルソナ不要論もどうか聞いてくれ
  3. せどり

    せどりや転売

    せどり・転売ビジネスはノウハウよりも「感覚」が大切!
  4. 情報商材アフィリエイト

    【情報商材アフィリエイト】長く売れ続けるためのコツ
  5. 仮想通貨

    仮想通貨・ビットコインの始め方など、これまで情報収集してきたことのまとめ
PAGE TOP