もう一歩踏み込んだコピ-ライティング

コピ-ライティングの基礎と書き方のコツ10選!これを知ってるだけで劇的に文章力がアップするはず

こんにちは、コピ-ライティング好きのアフィリエイタ-の岡本という者です。

今回の記事では、

「これさえまずは抑えておけば、それだけで劇的に文章力がアップするコツ」

というものを、いくつかピックアップしたみました。

「10選」としたのは適当です(笑)

本当はもっともっと大事なことや伝えたいこともあるのですが、あまりにもキリがないため10つのみにしました。

ただ、その分、ギッシリと重要すぎることのみを厳選しました。

「あと30分で自分の命が無くなるとして、その前に基礎や書き方のコツを可能な限りで全部伝えてください」という想定をしながら大切なことばかりを書いてみたので、よかった参考にしてみてください!

前説みたいな話が入りますが、ササッとコツやポイントを知りたい時のためにも、目次を用意してみました。

コピ-ライティングとは?=あまり深く考えずに「文章力」でいいです

ちなみに、「コピ-ライティング」という言葉の捉え方は人によって解釈は様々ですが、この記事では、超シンプルに「文章を書くこと」を全体的に指しています。

自分の書いた文章を、より良い反応(メルマガへの登録、PV数、滞在時間の上昇、商品の成約など)へ繋げていくための文章力のことを、僕は総じてコピ-ライティングと呼んでいます。

「成約率を高めるための文章術」とか「人の心理を…(中略)…そして文章によって反応を高め、行動を起こしてもらうことこそがコピ-ライティングなのです!」などなど、人それぞれコピ-ライティングという言葉の使い方は様々だとは思います。

が、もう、一周回って、「コピ-ライティング=文章力」というように考えた方がわかりやすいのではないか?とこの頃はよく思っています。

マ-ケティング的に言えば「コピ-」とは「広告文」を指す言葉のイメ-ジなので、本来は広告における文章のスキルをコピ-ライティングと呼ぶのでしょう。

でもまあ、僕はそこんとこ、よくわかりません。

もう、総じて、(ネット上で)文章を書くことをそのままコピ-ライティングと呼ぶことにします。

ちなみに僕はセ-ルスコピ-ライタ-などではありません。

そういう活動は実は今でもしているし、だから何となくカッコよさそうだからという理由で「コピ-ライタ-です。」とか言っていた時期もありましたが、それ以外のこともやってるので普通にもうそういうのは辞めました。

そんな僕がコピ-ライティングをどこに活かしているのか?というと、メインはこの記事のような情報発信メディアの運営においてです。

何も商品を売るために書く広告スキルだけがコピ-ライティングだけではありません。

セ-ルスコピ-もアフィリエイトの為のコピ-も、普段の情報発信におけるコピ-も、本質的には重要なことは一緒です。

本当は伝えたいことはいっぱいあるんですけど、無理やり10選とさせてもらいます。

と、いうことで、以下からはその基礎やコツについての話をしていきます!

1 わかりやすい日本語を書く

まず、文章を書くにあたって最も大切なのが「わかりやすい日本語で書くこと」です。

一番大切というよりは、これはもはや、文章を書く上での大前提ですね。

文章を書くときは常に、出来る限り「わかりにくい箇所はないだろうか?」と常に問いかけながら書いていくのが基本です。

ある程度ここさえ気をつけていれば、あとは自分が伝えたいことを好きなことを書いていくだけでいいんじゃないか?っていうくらい大切だと思います。

さて、なぜわかりやすい文章を書くべきなのかと言うとその理由は単純で、 Web 上のコンテンツは、パッと見の印象で記事が難しそうだと感じたら、たちまち読んでもらえないからです。

文章が上手である必要はないんですけど、根本的に、文章がわかりやすそうじゃないと、そもそも記事自体を読もうとしないですよね。

もちろんユ-ザ-それぞれの検索意図にもよりますが、 小難しいそうな文章だったり、パっと見た印象で読みづらそうという印象を受ける文章は、すぐにユ-ザ-が離脱していきます。

どうすればわかりやすい文章を書けるようになるか?というと、これだけでも半日ぐらいのセミナーを開きたいくらいなのですが、本当にいくつかだけポイントを絞ってお伝えしておきます。

それらを、ここから「2」以下の項目として解説していきます。

結局はどの項目も「わかりやすい文章を書く」ことにも帰結しているので、そういう流れも含めて10選です(笑)

「その構成がわかりにくい!」という指摘はこの際ムシしてください。

2 何かを主張したら理由を添える

さて、僕がおそらく、文章を書くときにおいて最も重要視してるのはこれです。

もう、これさえ押さえておけば、もうほとんど文章全体の印象がガラリと論理的に変わるんじゃないか?くらい重要です。

何かを主張したら、必ずその主張の理由を言う。

例えば、このパ-トの文章で言えば、

「これさえ押さえておけば、もうほとんど文章全体の印象がガラリと論理的に変わるんじゃないか?くらい重要です。」

これが、僕がここで伝えたい「主張」になります。

で、この「主張」をただ言うだけ言って話が次に進んでしまうと、読み手側としては置いてきぼりを食らったような感覚に陥ってしまいます。

例えば、

これさえ押さえておけば、もうほとんど文章全体の印象がガラリと論理的に変わるんじゃないか?くらい重要です。
・・・だから、あなたも主張をしたら必ず理由を添えてください。
・・・はい、それじゃあ次いきま-す。

こんな感じで、今まさに説明している「2」のパ-トが終わったらどうでしょうか。

おそらく、こんな話の進み方をしてしまうと、

「いや、そこの説明しないんだったら、わざわざそんな話を切り出すなよ」

のように、思ってしまう読者が大半だと思います。

理由付けのない文章に対する主張を聞いたのなら、次に読み手が知りたいのは「なぜそうだと言えるのか?」の理由にあたる部分です。

そこを伝えようとせずに話が展開していく記事に、わざわざ付き合う理由はありません。

お金を払って購入した書籍などであれば話はまた異なってきますが、少なくともウェブ上の文章においては、それを読む理由がないと読み手が判断した瞬間にすぐに離脱していってしまいます。

なので、このような主張をしたのならば、

・なぜそうだと言えるのか?

・どうしてそういう考えに至ったのか?

などなど、そこからどんどん話を広めていく必要があります。

僕も今まで多くの人の記事を添削してきましたが、

「頑張って文章を書いてるけど一回で1000文字ぐらいが限界です…」

と嘆いている初心者の人達は、ここでお伝えした「理由」の話の展開をせずに、主張だけをして文章が進んでしまっているというケースが非常に多いです。

むしろ、この「理由」の部分をどんどん濃くしていかないでどこの話を膨らますの?ってくらい、記事全体の割合を占めるパ-トです。

この「理由」の部分の説得力が高く、その主張に共感や尊敬を抱いてもらってこそ、読み手との信頼関係を築いていくことになります。

主張するだけして、信じてもらおうとしないで次の話を進めてくとかやってても、そりゃあ誰も読んでくれないわけです。

「理由なくして信頼関係の構築はできない」です。

裏を返せば、これ1点のみを意識するだけでも、文章全体が急激に合理的・論理的に見えて、独自性やオリジナリティも生まれて、自然と文章の説得力も増してくるようになります。

ホラ、だってこの「2」のパ-トだけで気がついたらこんなに語ってしまっています。

そのくらい、文章のボリュ-ムや質は自然と伴ってくるものなのです。

慣れてくれば自然と主張したら理由を添えるようなクセがついてくるのですが、慣れないうちは是非意識してみてください!

ちなみに、この件に関しては別の記事でも詳しく書いてあります。

説得力を高める文章の書き方「主張をしたら必ず理由を添える」で記事は読みやすくなるぜ

3  感情を込める(メッセ-ジ性を強める)

これ、ちょっとスピリチュアルっていうか、あまりにも論理性に欠けているよう聞こえるかもしれませんが、感情を込めて文章を書かないくらいだったら、もう何も書かないでもいいくらいです。

いえ、それはちょっと言い過ぎなのですが、伝わりやすい文章というのは、例外なく書き手の心がそこに存在していて、その分だけメッセ-ジ性が強いです。

感情を込めて書けば、その文章にメッセ-ジ性が宿ります。

そして、そんな文章じゃないと、読んだ人から、「共感」という感情を抱いてもらうことはできないと考えていた方がいいです。

もう、そういう意味では、日本語の文法とか論理とかよりもずいぶん大切です。

論理とか文法とか、そういうもの以前にこれがないと情報発信がスタ-トしないというか。

伝えたいこともないのに、無理して何かを書く必要はないというか。

何か伝えたいことがあるからこそ、文章を書くというのが自然な流れです。

何かしらのメッセ-ジをより的確に伝えるためにこそ、適切な論理で、分かりやすい文章を書かなければならない。

「分かりやすさ」と「メッセ-ジ性」って、こんな関係です。

そこに書き手本人の感情が見えてこないような文章は、やはり人の心に訴求しにくいです。

いくら論理的に話を展開できたとしても、その文章そのものに感情やメッセ-ジ性がこもっていないと、気持ちいいくらい頭の中に内容が入ってこなくなるし、文章が読みづらくなります。

読みづらいというか、読む理由がないというような感じでしょうか。

例えば、「論理的だけど感情やメッセ-ジ性が伴っていない文章」の代表例を挙げるとするなら、学校の教科書とかがまさにそれにあたります。

教科書って、基本的に知識を網羅して1冊の本にすることを目的に作られているので、読んで面白くはないですよね。

もちろん、人によっては情報の内容そのものが「面白い」と感じる要素はあるにはあるのですが、教科書というものは、当然ながら「書き手のメッセ-ジ性」というものが感じられないように作られています。

(存在するのは歴史の印象操作っていうか、大衆を操作しやすい都合の良い情報が羅列されているって意図というか。)

少なくとも、個人の情報発信メディアでそんな文章を書くべきではありません。

やはり我々は、まずは文章が下手でもいいから、自分にしか発する事のできない、何かしらのメッセージを発していかなければならない。

と考えると、論理とか文法とかっていうのは、そのメッセ-ジをより適切に伝えるために大事にすべきものだということがわかります。

もう、今回の記事、ほとんどが「これが一番重要です!」みたいな内容ばっかりなんですけど、「感情を込める」っていうのはマジで一番大事です(笑)

ぜひ今一度立ち返って考えてみてください!

4 「読んでもらえない」という前提で話を展開する

さて、ここからいきなりコピ-ライティングスキルの話っぽくなりました。

コピ-ライティングの世界では、

・Not Read(読まない)
・Not Blieave(信じない)
・Not Act(行動しない)

このように、「3つの壁」という話がよく語られています。

個人的には「この壁を常に意識しながら書く」という意識を持ちながら書いているわけではないのですが、少なくとも「出来る限り丁寧に伝えないとまず間違いなく伝わらないんだよな」くらいの意識は持ってはいます。

そして、冒頭部分で特に意識すべきなのが、「Not Read」、つまり「読まない」の壁です。

ここをクリアしていかないと話がスタ-トしないので、スキル的に大切になってくるのはこの「not read」からでしょう。

これは、自分自身が読み手側の立場で考えてみれば一撃でわかるのですが、基本的に、ネット上のメディアに時間を使う時って、必ず何かしらの「読む理由」がそこに存在しています。

読む理由もないのに、わざわざ自分の時間を割いてまで誰かの記事を読むことなんてないですよね。(ネットニュ-スなどの娯楽系コンテンツは”暇な時間を埋めたい”という理由で読むと考えるとして)

だからこそ、書き手側としては、読み手から「この文章を読む理由や動機」を引き出していく(あるいは認識させる)必要があるのです。

5 特に冒頭部分で”その記事を読むメリットやベネフィット”を伝えるようにする

どうすれば読み手から読む動機を引き出していけるのか?というと、1つ、シンプルかつ効果的なのが、やはり「この記事を読むメリットやベネフィットを冒頭部分で示してあげること」です。

まずはこれを意識することが、ノットリ-ドの壁を突破するために重要な意識です。

例えば、この記事の場合は、記事タイトルが「コピ-ライティングの基礎〜」でした。

なので、このぺ-ジに訪れるユ-ザ-は、基本的には

「コピ-ライティングにおいて抑えておくべき基礎を学んでみよう」

という意識を大なり小なり抱いてこの記事を読もうとしている、と考えることができます。(もちろん、暇つぶし感覚で訪れる人もいっぱいいるとしたとしても、です。)

そして、そんな「この記事に訪れるユ-ザ-が知りたいであろうこと」をある程度想定した上で、この記事では、冒頭はこのようなお話をしていました。

今回の記事では、
「これさえまずは抑えておけば、それだけで劇的に文章力がアップするコツ」
というものをピックアップしたみました。

ただ、その分、ギッシリと重要すぎることのみを厳選しました。
「あと30分で自分の命が無くなるとして、その前に基礎や書き方のコツを可能な限りで全部伝えてください」
という想定をしながら大切なことばかりを書いてみたので、よかった参考にしてみてください!

このように、冒頭の段階で、出来るだけ読み手から

・この記事を読めば何かしらのヒントや役に立つ情報を得られるだろう

・この記事を読めばレベルアップできる

このように読む意欲を抱けるようなメリットやベネフィットを伝えるように意識するようにしてみましょう。

読み手のことを考えれば、「それを読むことによるメリットやベネフィット」を明確に認識できない場合以外は読むことはありえない、くらいに捉えておくくらいでちょうどいいと思います。

もう、基本的に自分のメディアの文章なんて読んでもらえないんだから、だからこそ出来るだけわかりやすいように、丁寧に伝えよう、という感覚ですね。

6  メリットとベネフィットの”繋がり”を意識する

とはいえ、何でもかんでも、なんとなくベネフィットっぽい話をしさえすればそれでオッケ-!というわけではありません。

例えば、この記事の冒頭部分で、

「この記事を読めば、きっとあなたはそれだけで3ヶ月後には億万長者になっていることでしょう…」

こんなフレ-ズが書かれていたとすればどうでしょう(笑)

この例はこれまた極端ですが、このように、あまりにも現実性がなく「言っているだけのベネフィット」を語るだけと、たちまちそのベネフィットをイメ-ジしにくくなるので注意しましょう。

ベネフィットは、相手がよりリアルにその未来をイメ-ジできないものであれば、そもそもそして示すべきではありません。

上の例で言うなら、

・コピ-ライティングの基礎や書き方のコツを学べる(メリット)

・億万長者になれる(ベネフィット)

この両者の繋がりがあまりにもかけ離れて明確にイメ-ジしにくいので、そういうフレ-ズはベネフィットになり得ない、ということになります。

メリットやベネフィットをきちんと伝えようとすることは重要ですが、それを伝える際は、必ず「それを読んでベネフィットを相手が鮮明にイメ-ジできるかな?」ということを気にしながら書くようにしましょう。

7 「誰に」「何を伝えるのか」を明確にする

これまたよく言われていることですが、その記事を、誰に向けて、何を伝えるのかを明確にしてから文章を書き始めるのと、文章が格段に書きやすくなります。

書く側としても圧倒的に文章が書きやすくなるし、読む側としてもそうやって書かれた文章は非常に読みやすくなる傾向にあります。

反対に、ここ明確にせずに記事を書き始めると、慣れないうちは時に迷走してしまいします。

というより、ここがないまま一体何を書くのだろうか?くらいに思っていていいかもしれません。

この記事で言えば、

・誰に
コピ-ライティングに興味や関心のある人に対して

・何を伝えるのか
ライティング力が一気に飛躍するようなコツやポイントを伝える

このような地点をスタ-トラインに記事を書いています。

これは要するに、その記事における入り口と出口を明確にしておきましょう、ということでもあります。

※ここでいう「出口」とは、「結論」と置き換えて考えてもいいです。

こういう人に向けて、これを伝えたい!(こういうアクションをとってほしい!)ということが明確になっていれば、そこへ向かって直線を辿って話を展開していけるようになるので、結論も明確になり、書きやすくなります。

しかも、これを意識するだけでも文章が全体的に一貫性が出て、読んでいる方も内容が頭に入りやすくなるので、自然と読み手側としても内容が理解しやすくもなります。

文章を書いていると、気がついたらオチがなくなってしまったりとか、話があっちこっちに飛びすぎて結局何を伝えたかったのかわからなくなった!などと陥りやすい人は特に意識してみるといいです。

8 その記事を書く「意図」(目的)を明確に守る

ここでいう、記事を書く「意図」とは、

・この記事を読んでもらって相手にどうしてもらいたい(どうなってもらいたい)のか?
・この記事を書く目的は何か?

こんなポイントのことです。

このような「意図」を、先ほどの「出口(結論)」と一緒に考えてしまう人も少なからずいますが、「意図」と「出口(結論)」は全く別物なので、分けて考えるようにしてみましょう。

例えば、この記事で例を挙げて考えてみます。

この記事の「出口」(結論)
・今すぐ反映させられるレベルで使えるコピ-ライティングの基礎を学んでほしい
・書き方のコツやポイントを10個挙げてみたので参考にしてほしい

この記事の「意図」
・ それを学んでもらって、読み手のレベルが高まってほしい
・「役に立った」「勉強になった」と感じてもらい、自身のメディアの信頼度を高めたい
・信頼度を高めて、その先のアクション(他の記事を読む、メルマガ登録)へと繋げたい

こんな感じ。

たまに、その記事の内容における結論だけを伝えて、そのままその記事が終わっていくような書き方をしている人を見ることもあるのですが、それは単純に、「意図」が明確になっていないからだと言えます。

結論は伝えてるけど、「意図」を持たない記事というのは、例えばこんな感じで文章が終わってしまうような記事です。

記事タイトル
私がトレンドアフィリエイトを推奨しない理由

(中略)

〜以上が、私がトレンドアフィリエイトを推奨しない理由です。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

・・・と、こんな感じで記事が唐突に終わってしまう、みたいな。

これまたあえて極端な例を出してみましたが、案外、こういう終わり方で書きっぱなしになってしまうケ-スも少なくありません。

こうなってしまいがちな場合は、記事を書く前に、きちんとその記事を書く意図を明確にしてから書き始めればいいでしょう。

9  「ブランディング」が自分のメディアで記事を書く共通の「意図」となる

そして、基本的には情報発信においては、記事を書く「意図」は全て共通していて、

「そのメディアに対する信頼度を高めること」

にあります。

つまりこれは、ブランディングと呼ばれる活動のことですね。

全てのメディアは、総じて読み手との信頼関係を構築していくという意図を持って記事を書くべきだと言えます。

信頼度を高めていくためには、何かしらの形で読み手にとって役に立ち、共感や尊敬されていく必要があります。

あまり難しい言葉を使わずに表現すると、もう、「面白い、役に立つ、ためになるコンテンツを作り続けること」がそのまま信頼度のアップに繋がります。

だからこそ、1つ1つの記事で、読み手に対して価値を提供しなければいけないということですね。

このような「意図」が明確になっていないと、先ほどの例のように、結論を伝えるだけ伝えて終わり…みたいな文章を書いてしまうようなことが起こってしまいます。

意図と結論はしっかりと切り離して考え、「全ての記事はブランディングに繋がっているのだ」という意図を持って文章を構成していくようにしましょう。

10 書く時の「イメ-ジ」や「心構え」を大切にする

これはコピ-ライティングにおいても最も重要だと言っても過言ではないのですが(笑)、文章って、それを書くときのイメ-ジが非常に重要になります。

「心構え」とでもいいましょうか。

例えば、何かの商品を紹介あるいはセ-ルスする時。

こういう時に、どういう心持ちで書くべきなのか?というと、僕が(というかよく言われてますけど)よく推奨しているのが

「その商品を実際の知人や家族に紹介する時のシチュエ-ションをイメ-ジする」

ということです。

これ、同じことを言っているコピ-ライタ-とかアフィリエイタ-はたくさんいるんですけど、常に忘れないでおくべき、重要なマインドセットだと個人的には思います。

外国のマ-ケッタ-やセ-ルスライタ-っぽい書き方に憧れる人であれば別かもしれませんが、特に、個人のメディアにおける情報発信においてはこの感覚がより一層大切です。

知ってはいるつもりでも、ついつい忘れてしまいがちになるので、特に文章を添削したり加筆修正する際なんかは、この視点を持ちながらチェックしてみるといいです。

「リアルの場で、友達にこんな言い方すると思う?」

っていう判断基準を持ってチェックするのがポイントです。

例えば、実際の友人に対して何かの商品を紹介したい時に、「その驚愕の方法を知りたい場合は今すぐこちらを!」とかって言い方には決してならないはずですよね。

そうやってゴリゴリアクションを起こしてもらおうとすると間違いなく相手はドン引きするので、その感覚を薄めるためにも、先ほど伝えた「リアルの場で、友達にこんな言い方すると思う?」チェッカ-はおすすめです。

仮に、友達に対して「これは何としても買ってもらいたい!」とオススメしたい商品がある場合だったとしても、巧みな言葉遣いによって相手を誘導しよう!とか思わないですよね。

そんな打算的なことは考えずに、もっと人間的に、「どう伝えればこの人はこれを買ってくれるだろうか?」ということを一生懸命考え抜いた上で、言葉を書いていくと思うのです。

そのイメ-ジで商品をセ-ルスする、というような感覚ですね。

先ほどみたいな、アメリカ人マ-ケッタ-みたいな言い回しは、日本人はあんまりしません(笑)

「他にいませんか?」とか、日本人がそんなこと、いきなり目の前の相手に向かって言わないですよね。

こういう違和感を、読んでいる方は潜在的にキャッチします。

コピ-ライティングを熱心に勉強しぎるほど、気がつくとこのマインドを忘れてしまうので、いつも「普通だったらどう言うかな?」ということは意識しておくべきです。

コピ-ライティングの基礎や書き方のまとめ

本当はもっと伝えたいことがありますが、今回は強引に10選にしてコピ-ライティングの基礎や書き方のコツなどを語ってみました。

どれが最も重要か?というと一概には言えません。

人それぞれ、レベルや個性に応じて意識すべきポイントやコツなどはバラバラですが、それでも、出来るだけ普遍性の高いものを、ひとまず10個くらいに分けてお伝えしてみました。

この記事にまずは一通り目を通してみて、自分なりに「なるほど!」と思ってもらえるポイントを発見する一助になってくれれば幸いです。

それでは、最後まで読んでくれてありがとうございました!

ピックアップ記事

  1. コピ-ライティングの基礎と書き方のコツ10選!これを知ってるだけで劇的に文章力が…

関連記事

  1. もう一歩踏み込んだコピ-ライティング

    【コピ-ライティング】効果的なタ-ゲットリサ-チのやり方

    今回は、より実践的なタ-ゲットリサ-チ方法について解説していきたいと思…

  2. もう一歩踏み込んだコピ-ライティング

    【記事の書き方講座その1】記事を書く際の心構え

    記事の書き方や構成、あるいはコツなんかは様々あるのですが、今回は、「こ…

  3. もう一歩踏み込んだコピ-ライティング

    ライティング力を高めるためのインプットとアウトプット

    今回は、ライティング力や情報発信力を高めるためのトレ-ニング方法を…

  4. もう一歩踏み込んだコピ-ライティング

    【アフィリエイト】タ-ゲット 設定の絞り方。ペルソナ不要論もどうか聞いてくれ

    いざブログを立ち上げ初めてテ-マを決めていくと、「どんな人をタ-ゲット…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. せどり
  2. プロフィール

アーカイブ

  1. アフィリエイト講義

    DRM、ステップメ-ルを最初から自動化しようとしない
  2. アフィリエイト講義

    【情報発信アフィリエイト】 自分の軸とか強みを作るためのポイントやコツ
  3. 「宇崎さんの師匠」関連

    メルマガにおけるブランディング【Branding Writing考察レビュ-3】…
  4. もう一歩踏み込んだコピ-ライティング

    コピ-ライティングの基礎と書き方のコツ10選!これを知ってるだけで劇的に文章力が…
  5. 情報商材のレビュ-

    お悩みコンテンツアフィリエイトのレビュ-!と特典も(勝木悠二)
PAGE TOP