アフィリエイト講義

あまり「価値ある情報発信をしよう!」と考える必要はない理由

今回は、ここ最近、限定メルマガや、限定オンラインセミナ-の方でもよく語っている「価値のある情報発信とはどんなものか?」についてのヒントとなるであろうお話をしたいと思います。

ちなみに今から、聴く人によってはなかなか月並みな話がスタ-トするので、「そんなこと知ってるよ」だなんて場合はサラッと読み飛ばしてもいいです。

でも「価値ある情報発信」のことがイマイチ腑に落ちていない場合は、よかったら反芻しながら読んでもらえたらビックアイデアが生まれるかもしれません。

よく言われる「価値のある情報発信」とは

「価値のある情報」って何なのか?というと、だいたい、考えつくのがこんな感じです。

・お笑い的に面白い情報
・役に立つ情報
・秘匿性の高い情報
・知らなかった事を教えてくれる情報
・分かりやすく要点がまとまっている情報
・エンタ-テイメント的に面白い情報

などなど、人それぞれ思いつく限りこんな感じです。

これらのどれも確かに「価値ある情報」なんですけど、それ以前にぜひとも抑えておくべき点が、

「誰に対して何を語るのか?」

という事です。

ここを外してしまった上で「私が書いたこの記事に価値なんてあるのでしょうか?」と頭を悩ませる必要は一切ありません。

”相手にとって”価値のある情報を提供するのが大前提

極端に言えば、メッチャ痩せてる人に対して「糖質制限ダイエット」の話をしたとしても、それは要するに相手にとって価値のない情報ということになります。

でも、同じ糖質制限ダイエットの話を、今度は「糖質制限ダイエットに興味がある人」に対して語るとすれば、それは価値ある情報になり得ると言えそうです。

つまり、言われてみれば当たり前なのですが、相手によって価値を感じる情報というのは人それぞれ全く異なってくるということです。

「相手にとって」の情報を発信するっていう感覚を伝えるのがなかなか厄介なのですが、簡単に言えば、話をする相手が、

・どんなことに悩んでいるのか(何を解決したいのか)
・どんな願望を持っていて、どんなことを知りたいのか

この辺りを知るところが、相手にとって価値のある、役に立つ情報を発信するための出発地点です。

もっとリサ-チすれば相手の知りたいことが見えてくる

相手の願望や欲求を知るためにはどうすればいいのか?というと、リサ-チが大切になってきます。

「なかなか上手いこと記事が書けない」という段階の場合は、今一度、基本に立ち返って、もっと市場や相手のことをリサ-チした方がいいかもしれません。

リサ-チ方法は色々とやり方はありますが、また今度詳しく記事にしようと思います。

ひとまずは僕の企画や特典の方でも具体的なリサ-チにまつわるコンテンツは用意してあるので、すでにそちらを持っている人は改めてリサ-チしてみるといいです。

という感じで、「リサ-チ」だけで何時間か語れそうなのですが、基本的には、自分の発信するテ-マにおいて、

・どんなことに悩んでいるのか(何を解決したいのか)
・どんな願望を持っていて、どんなことを知りたいのか

これらを深いレベルで知ることさえできれば、やり方は本当になんでもいいと思います。

まあそうは言っても何やっていいのかわからないと思うので、例えば情報商材を今後のキャッシュポイントにするのであれば、その市場の商品のセ-ルスレタ-をひたすら読み込んでみるのが1つ、効率の良い方法です。

これは宇崎さんの師匠がよく言っている「最も手っ取り早いリサ-チ方法」なのですが、これをやるだけでも、かなり知識レベルもアップしますよ。

セ-ルスレタ-をたくさん読めば、だいたい、その市場の「悩み」「願望」が浮き彫りになってきます。

で、それを一つ一つリスト化していけば、だいたい記事ネタ候補も100個でも200個でも出てくるので、ハイ、これで100記事は書けて当然ですよね?っていうのが師匠的なやり方です。

まあ、完全に強者の戦略なんですけどね。

でも論理的にはグウの音も出ないほど正論です。

実際、僕もこれを聞いた時はさすがに「シンプルすぎるなオイ」とかついつい思っちゃいましたが、実際のところ、「相手にとって価値のあるコンテンツ」とはまさにここにこそ存在しています。

・・・と、いうことで、情報発信のネタに困っている人や訴求力を高めたい人は、まずはリサ-チすることが大前提です。

まずは、自分が売りたいコンテンツを買ってくれそうな人たちを対象に、その人達が購入する見込みのある商品の販売ぺ-ジ(セ-ルスレタ-)をくまなく読んでみることから始めるのが合理的です。

もっと効率の良いリサ-チ方法は直接人と喋ること

もっと一番わかりやすいリサ-チ方法が、「直接人と話をしてみる」ことです。

個人的には、これ、かなり重要です。

これができるのであれば、「上述したセ-ルスレタ-読み込み法」よりも抜群の効果を発揮するはずです。

僕が昔好きだったマ-ケッタ-の平秀信さんや仙人さんも、大規模なプロモ-ションをするときは毎日数十人〜数百人だっけな?と毎日スカイプ通話して、直接お客さんの悩みや願望を聞きまくっていたそうです。

まあこんな事言ったってやる人なんてあんまりいないでしょうけど(笑)

でも、実際に人と会話してみると、本当の意味で初めて「相手」というものが自分の中で明確化してきます。

なので、まずはその市場の人達と積極的に関わってみることを第一到達地点にして活動していくのはかなりオススメですね。

現状、メルマガとかを運営している人なら、「無料で通話コンサルします!」とか、そんな感じでとにかくまずは接点を持つ工夫さえすれば、きっと読者さんと話ができる機会を作れるはずなので、ぜひ積極的にチャレンジしてみてほしいです。

僕の初成約も、こんな感じの無料スカイプ通話から生まれました。

僕のクライアントさんも、成約が早い人は大抵、こんな感じで「まずは人と交流する事」から始まっていることがほとんどです。

ちなみに、「あなたの悩みや願望は何ですか?」って尋ねて、相手がそのまま言葉で表現して答えを教えてくれるっていうわけではありません。

むしろそういう質問をしてもきっと望ましいリアクションはくれないので、本当の意味での相手の悩みや願望は、こちらから探って捉えていく意識が大切だと思います。

誰に何を語るのか?が最も重要。

もちろん、リサ-チさえすれば価値のある情報発信はいくらでもできるのか?というと、当然そういう訳でもありません。

リサ-チをすること自体が目的ではなくて、相手の悩みや願望を知って、そこへガッチリと訴求できるような文章を自分で書けるようになることが目的です。

リサ-チをせずとも、自然と読み手にガッツリと訴求できるような文章を書ける人もいっぱいいます。

そういう人は、まさに「感覚」として「相手が求めていること」がわかっているんだと思います。

相手が求めていることを把握する。

これはブログ、メルマガ、どっかのSNSなどなど、シチュエーションや場所によって変わってくるので、それに伴って記事内における話し方とか内容がおおよそ変わってきます。

検索エンジンからアクセスを集める場合は、基本的にキ-ワ-ドを狙って記事を書いていくので、その時点である程度、対象とする訪問者が抱いている悩みや願望というのがわかります。

いえ、本当の意味では相手の心なんてわかりはしないのですが、検索エンジン集客の場合は少なくとも「そのキ-ワ-ドを打ち込んで検索をする」という地点で、「どんなことを知りたいのか」というのがある程度見えています。

で、それに基づいて記事を構成していく、というのがブログ記事においての基本です。

簡単にいうと、それができればいわゆる「価値ある情報」は出来ているということなんですけどね。

ブログを使った検索エンジン集客は、そうやって訪問者の悩みや願望をこちらで絞りやすいからこそ、ぜひ覚えるべきだよ!ということです。

そもそも「価値」ってどこに存在するのか

と、ここまでの話は、どちらかと言えば超前提と言いますか、誰でもある程度は理解しているような、そこそこクラシックな話だったと思います。

そこからもう一歩踏み込んで考えてみるべきなのが、「そもそも価値って何なのか」についてです。

まあ、これまた話は長くなるのですが、そもそも「どうすれば相手の中で”価値”が生まれるのか」という仕組みみたいなものを理解して行く必要があります。

それについて簡単に説明すると、つまりは「情報そのものに価値は存在しない」という考え方が、一つ重要なポイントです。(結構この話って色んな人が言っているので理解している人は多いかもしれませんけど)

じゃあどこに価値があるのか?というと、それは情報そのものではなく、「文脈(コンテクスト)」に存在している、という考え方が適切です。

これまた「存在」とかいう言葉を使うとややこしくなるんですけど・・・。

コンテクストっていうのは、その情報”以外”を成す部分です。

その情報を、どんな流れで、誰が、どのような形で提供するのか、とか。

まあこれだけだと完全に説明足らずなんですけど(笑)ひとまずはそんな認識でいいでしょう。

例えば、超絶つまらない先生が、つまらない教科書をただタラタラと説明するだけでは、当然ながら生徒からすれば面白くないと感じてしまいます。

でも、クセの強い先生とかが、かなり独断と偏見を盛り込んで、その上でできるだけわかりやすく同じ教科書を解説するとなると、好き嫌いは別として、少なくともユニ-ク性は強まります。

そうなると、同じ教科書でも、内容がよりス-っと理解できる生徒が増えるかもしれません。

予備校の人気講師とかの人気が出る理由も同じかもしれないですね。

先ほど出てきた「情報そのもの」というのは、ここでは教科書に当たります。

このケ-スでいえば、「情報そのもの」には変わりはありません。

何が変わったのかというと、「誰がどのように語るのか」といった、情報そのもの”以外”、つまりコンテクストの部分です。

だから、個人ブログとかにおける「価値ある情報」とは、どちらかといえば、ここでお話ししたコンテクストの方に割合があると思った方がいいです。

むしろ、情報そのものにはあまり価値がない、くらいです。

役に立つ情報なんてものはネット上にすでにいくらでも転がっているから、だからこそ、自分にしか語れないような、自分にしか用意できないようなコンテクストで発信していくべきだということです。

 

・・・というのが、情報の価値とか、コンテクストの超ザックリとした説明でした。

もっと詳しい価値発生の仕組みとか、価値の話などは、購入者特典「岡本帝国」の方でセミナ-動画があるので、よかったらそちらに参加してみてください(笑)

記事で解説するより、きっと身に染みて理解できると思います。

キャンプ・オカモト購入者基本特典「岡本帝国」

完全に宣伝になってしまっていますが、ここで受講できるセミナ-を視聴すればきっとかなり深いところで「価値って何なのか」は理解できると思います。

まとめ あんまり「価値ある情報を発信しよう!」とは意気込み過ぎない

総じてこの記事で何を伝えたかったのかというと、そもそもとして、「価値ある情報発信を!」など意気込みすぎる必要はない、ということです。

個人メディアであれば、「情報を相手に提供する」というような意識は、そこまで大きく持つ必要はありません。

それをやってしまうと、それこそ教科書みたいな情報提供になって、結果的に「ありきたり」みたいになってしまう傾向が強くなってしまいます。

教科書のような記事とか、あるいはどっかで聞いたことあるような内容しか書けない人は、おそらく「情報そのものに価値がある」っていう前提で色々と書こうとしているのだと思います。

自分にそういう傾向があるのであれば、この記事で説明したコンテクストのことを意識して、もっと「独自の見解」などをグイグイと盛り込んだ方が結果的にその情報の価値が高まります。

教科書的なお役立ち情報は、他のサイトで既にたくさん存在しているので、とにかく「自分にしか語れない話を!」という意識を持つことが大切です。

で、その「情報」を相手にわかりやすく伝えようとする、みたいな感覚がピッタリです。

もちろん、前提として、相手の悩みや願望を知るリサ-チがあっての上でですね。

理想形は「自分が好き勝手語りたいこと語ってたら、結果的に誰かの役に立っている」のような形だと思います。

そこを目指しながらも収益化していけるビジネスモデルがDRMです。

ということで、引き続き共に修練していきましょう。

ピックアップ記事

  1. コピ-ライティングの基礎と書き方のコツ10選!これを知ってるだけで劇的に文章力が…

関連記事

  1. アフィリエイト講義

    ブログでアフィリエイト記事を書いてて手が止まってしまったら自分の「情熱」を疑ってみる

    「ブログ記事のネタが思いついません・・・」というような相談をもらうこと…

  2. アフィリエイト講義

    【情報発信アフィリエイト】 自分の軸とか強みを作るためのポイントやコツ

    どこか勘違いしている人も多いのかもしれないですが、要するに情報発信をす…

  3. もう一歩踏み込んだコピ-ライティング

    【記事の書き方講座その1】記事を書く際の心構え

    記事の書き方や構成、あるいはコツなんかは様々あるのですが、今回は、「こ…

  4. アフィリエイト講義

    ステップメ-ル作成の効率的な手順や外してはいけないポイントなど

    こちらの記事では、「ステップメ-ルの自動化を考えずにまずは1人の相…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. せどり
  2. プロフィール

アーカイブ

  1. 情報商材アフィリエイト

    既に情報商材はとっくに出尽くした感がある & 今後の情報商材の行く末な…
  2. 「宇崎さんの師匠」関連

    宇崎恵吾の師匠「SEO Writing」を考察レビュ-【Copywriting …
  3. アフィリエイト講義

    【情報発信アフィリエイト】 自分の軸とか強みを作るためのポイントやコツ
  4. アフィリエイト講義

    【アフィリエイト】記事の種類や書き方について!
  5. もう一歩踏み込んだコピ-ライティング

    【記事の書き方講座その1】記事を書く際の心構え
PAGE TOP