アフィリエイト講義

【情報商材アフィリエイト】情報発信をしていくテ-マの選定について

アフィリエイトや情報発信をやる!となったら、まずはじめに「どんなジャンルのテ-マにするか?」の方向性を決めていきます。

好きなことを書くような雑記ブログであれば、何も決めずに思いのままに書いていけばいいですが、収益化目的でアフィリエイトをやる場合はこうもいきません。

稼ぐことを目的にするのであれば、基本的には、キャッシュポイント(広告)ありきでメディアを構築していくことになります。

僕がやっているようなDRM(ダイレクトレスポンスマ-ケティング)をやるのであれば、基本的には情報コンテンツ、あるいは情報商材をキャッシュポイントにしていくことになります。

というより、基本的に僕が教えられるのは情報商材やデジタル商品(独自商品や電子書籍など)を売っていくための話なので、もう情報商材をアフィリエイトする前提で話を進めていきます。

で、ゆくゆく情報商材をアフィリエイトするのであれば、当然ですが情報商材が存在する市場におけるジャンルで情報発信をしていくことになります。(本当に当たり前ですが)

情報商材をアフィリエイトするのであればだいたいこの辺に限られる

情報商材が存在する市場となると答えはもう限られていて、

・稼ぐ系(僕のメディアみたいな方向)
・投資系
・ギャンブル系
・恋愛系
・健康やコンプレックス系

あたりですね。

インフォトップなどのASPを眺めていればすぐにわかりますが、基本的に、情報商材というものは上のようなジャンルに存在しています。

要するに、情報商材が存在する市場というのは、「情報商材を買ってでも解決したい悩みや叶えたい願望がある」ということです。

「どのジャンルに参入しよう?」と考えている場合はもう、まずはこれらのうちから大まかな方向性を決めてみましょう。

というより、基本的にはお金にならない市場や情報商材が存在しない市場におけるテ-マでメディアを作ってもあまり意味ないので、自然と上記のうちのどこかの市場に決まってくると思います。

基本的には「自分が興味ある分野」で情報発信する

テ-マ選定において第一優先にすべきことは、「自分が興味のあるジャンルかどうか?」だと個人的には思います。

要するに情熱が持てるかどうか、ですね。

また後で言及しますが、「自分が詳しいジャンル」よりも「自分が興味のあるジャンル」を優先した方が上手くきやすいです。

何故なら、興味のあるジャンルの方が、長続きさせやすいからですね。

基本アフィリエイトって、継続さえすれば、どんな手法やジャンルであれ大抵の場合は収益化できます。

だからもう、長続きさえさせられればマジで何でもいいです。

本当にもう、長続きが一番のポイントだと思います。

だからこそ、何より大切にすべきは、「学ぶことに対して情熱が持てるか?」です。

あまりにも自分がやりたくないようなジャンルで発信するのは難しいはずなので、根本的に自分が興味を持っているジャンル、これから学んでいきたいジャンルにしましょう。

「何にも興味なんてない!」っていう人は、少しでも関心のある分野や、これから覚えていきたい!という分野を選んでいけばいいと思います。

そもそもアフィリエイトなどに興味を持っている時点で「お金を稼ぎたい!」という欲求があるはずですからね。

そういう人は、まずは素直に「稼ぐ系」に定めていけばいいんじゃないかと個人的には思っています。

稼ぐ系のジャンルのキャッシュポイントはそれこそたくさんあるんだし、迷うくらいだったらもはやこれ一択でいいでしょう。

そのジャンルの競合に勝っていけるのか?という不安

ただ、ここでよく発生する心配事が、「そのテ-マを選んでも今から稼ぐことができるのか?」ということです。

要するに、例えば僕みたいな「稼ぐ系」のジャンルを選んだところで、既存の強いアフィリエイター達に勝つことができるのか?が気になるということです。

だいたい、テ-マ選定の段階で悩んでいる人の多くはここのような気がします。

こうなると、結局動けなくなって一歩も前進できなかったり、ちょっとやってみたけど「やっぱり他のジャンルが良かったんじゃないか?」ってなったりします。

まあ、これはとっても気持ちはわかるのですが、やはり「大丈夫!」としか言えません(笑)

どうしても不安だったら辞めればいい or 違うジャンルからやってみればいいでしょう。

そもそも、枯れ果てた市場から貴重な資源を奪い合いする、のような世界ではないです。

もちろん、既存のライバル達を丸パクリするようなやり方だと奪い合いになりますけど。

でも、根本的に発信する内容は人それぞれ異なるので、他人と真正面から勝負・競合して、勝つ必要はありません。

例えば今から「青山」や「アオキ」や「はるやま」と全く同じようなコンセプトの「紳士服のオカモト」みたいなス-ツ店を作るような場合においては、確かにライバル達と競合していかなくちゃダメだと思います。

そんな感じで、既存の人達と全く同じようなことをやってたら確かに合理的ではないですが、情報発信って、別にそういう性質のものではありません。

自分の言葉を伝えて、その言葉に反応して、ガッツリと共感や信頼をしてくれて、そうやって集まってくれた人達と関わっていくようなビジネスなので、わざわざ既存の人達と全く一緒のようなことをやる必要はありません。

既存の人達をパクりまくって進んでいたらきっと競合しますけど、それをやらなきゃいいだけです。

いずれにしても、テ-マが一緒だからといって、別に競合とかを気にしてても意味がないし、気にする必要性もありません。

そもそもライバルのいない市場なんてほとんど存在しないですしね。

 

「後発組の自分がこの市場でまともに戦っていけるんだろうか?」っていう心配はわかるんですけど、まあ、きっとあっけないほど上手くいきます(笑)

こればかりはやってみないと感覚がわからないかもしれないですが、いざやってみると、思ったよりも勝てないわけじゃないんだな〜っていうのがわかると思いますよ。

特に情報商材の市場なら、勝てないほど強力なライバルもいないことにすぐに気がつくし、むしろ勝たなくてもいいですからね。

(相対的に見て「負けてないよな〜」という感覚は持てるくらいは必要だと思います)

とにかく「心配しないで大丈夫!」としか言えませんが、自信がないなら稼ぐ系以外の市場がいいかもしれないです。

自分が詳しいジャンルがいいのか?

「自分がすでにある程度知識を持っているテ-マで情報発信をした方がいいでしょうか?」という相談もよく聞きます。

が、これに対しては「そのテ-マか稼げる市場であればそれに越したことはない」という感じです。

「稼げる市場」っていうのは、要するに前述したような情報商材が存在するような市場ですね。

自分が詳しいジャンルで、更にそのジャンルで売る商品が存在するのであれば、それがベストでしょう。

例えば、「復縁する方法」みたいな例愛系の情報商材も存在するのですが、そっち関連の辛い経験をした人や、復縁に成功した人など、すでに詳しく人に語れるような知識や経験があるような場合であれば、迷わずそのジャンルを選んでいけばいいでしょう。

何もないならもう、自分で作っちゃえ!

あるいはもう、自分で商品を作ってしまうっていうのも十分現実的です。

これを聞くと「そんなのムリムリ!」ってなるのが一般的な感覚かもしれませんが、(僕もそういうタイプ)やり方を知ってしまえば全く難しいことではないですよ。

アフィリエイトも商材販売者も、やってること自体はほぼ似ていますからね。

自分の得意ジャンルで商品を作って、広告で売っている知人もたくさんいるし、呼吸をするようにそういうことが平気でできるレベルになれるのが理想でしょう。

まあそこまでバイタリティの高い人は稀だと思いますが、それでも、「情熱さえあれば何でも売ることはできる!」というのは是非知って欲しいです。

例えば、この業界で有名?かどうかはわかりませんが、「バトルプログラム」という素人専用護身術の教材があります。

バトルプログラム

これ、「素人が路上ケンカで勝つ」っていう、一見するとバカバカしいコンセプトなんですけど、販売者側の熱意が凄い伝わってくるんですよね。

僕はこの商品のセ-ルスレタ-を初めて読んだときに、やけに感動した記憶があります。

買ってはいないんですけど(笑)

っていう感じで、熱意さえあれば、切り口や工夫次第でいくらでも商品化することはできます。

だから、あまり難しく考えすぎず、自分が情熱を持っているジャンルや、自分がやたらと人以上に詳しいジャンルをテ-マにするのはいいかもしれませんね。

詳しくはわかりませんが、このバトルプログラムも結構売れているんじゃないでしょうか。

くだらないように見えて実は大真面目で、読めば読むほど普通に欲しくなりますし。

まあ、まだ買ってはないんですけどね(笑)

結局、継続的なインプットが必要になってくる

情熱があろうと、詳しかろうと、これからその分野におけるインプットはどうしても必要になってくると思います。

基本、どんな人でも、持ってるだけの知識では限界があるはずですし、どっちにせよインプットの継続は大前提です。

いずれにしても勉強していかなくちゃいけないんだったら、やはり優先すべきは「詳しいかどうか?」よりは「情熱があるかどうか?」なのかな、と個人的には思います。

やっぱり理想は、自分が「他人にアツく語れるジャンル」が一番ですからね。

そっちの方が記事が書きやすいし、継続しやすいので、そういうジャンルを選んでいくのがいいでしょう。

極論、悩むくらいだったら全て試してみる

まあテ-マやジャンル選定って何だかんだで色々と悩むと思うんですけど、そもそも「絶対に1つのジャンルしかやっちゃいけない」というわけじゃないですからね。

つまり、ちょっとでも関心のある分野は、全部ブログ立ち上げて、全部やってみたらいいんですよ(笑)

むしろこれが正解に近いと思います。

やる前からひたすら悩んでいても一向に進まないし、経験値も積めるから、迷うくらいだったら全部やるくらいがちょうどいいでしょう。

もちろん、本業が忙しくて時間を割けない人もいるとは思いますが、悩むよりはガンガン記事書いてた方が明らかに進みが早いです。

「最初だからこそ1つのことに集中した方がいい」っていうことを主張する人もいるかもしれませんが、僕が思うに、アフィリエイトは量で押していく方向性の方が上手くいく確率の方が高いです。

実際、アフィリエイトで上手くいっている人の多くはみんなこんな感じで、当たり前のように大量行動している人が多いです。(サイトアフィリエイトとかは特にそうです)

そもそも「自分が情熱を持てるジャンルかどうか?」かさえもやってみなければ見えてこない部分も多いだろうし、とにかく何でもいいからやってみる!くらいでガシガシ書いていくのがいいと思います。

もちろん、こんなこと言われただけで行動できたら話は早いですけど・・・

まとめ

ということで、情報発信におけるテ-マの選定についてのお話でした。

内容のまとめ的なことを箇条書きにしておきますと、

・情報コンテンツを扱うなら「お金が動いている市場」にテ-マを定める
・「お金にならなさそうな市場」でも多少なりとも収益化は狙える
・他人にアツくなって語れるテ-マにする
・アツく語るためには、知識や体験のインプットが必須
・どうせこれからインプットしていかなければダメ
・なので「今知識を持っているか」ではなく「興味があるかどうか(継続できるか)」の方が優先順位は高い
・悩むくらいだったら全てやってみる

といったところです。

まあ、1つに絞るにせよ、複数同時スタ-トするにせよ、「自分が他人にアツく語れるだろうか?」というテ-マをまずは選定してみるのがいいでしょう。

そういうのが一切ない!っていう場合でも、これからたくさんインプットしていけば、自然と誰かに語りたい話とかはたくさん出てくると思います。

どちらにせよとにかくインプットしていくしかないですから、もう、テ-マ選定の段階で悩む必要は一切ないということですね(笑)

収益の最大化が目的なら、きちんとお金が動いている市場を選ぶべきですが、たとえあまり収益化の望めない市場だったとしても、今のご時世、どんなジャンルだとしても何だかんだで収益化することはいくらでも可能です。(クリック型広告などもあるため)

あまり深く考えずに、自分が語れる分野から攻め込んでいくのがいいと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. コピ-ライティングの基礎と書き方のコツ10選!これを知ってるだけで劇的に文章力が…

関連記事

  1. アフィリエイト講義

    【記事の書き方講座その3】記事の締めを書くにあたってのポイントやコツ

    前回の記事からは、記事の構成や書き方のコツをお伝えしてきました。h…

  2. アフィリエイト講義

    あまり「価値ある情報発信をしよう!」と考える必要はない理由

    今回は、ここ最近、限定メルマガや、限定オンラインセミナ-の方でもよく語…

  3. プロフィール

    アフィリエイト講義

    プロフィールだけでPV数や滞在時間を伸ばす戦略的な書き方【主にアフィリエイトブログ】

    こんにちは、岡本です。今回は、タイトルの通り「プロフィールの戦略的…

  4. アフィリエイト講義

    DRM・アフィリエイトを今から実践する人に手に入れて欲しい情報商材まとめ

    情報商材からDRMを学ぶなら、入口はいくつかあると思います。個人的…

  5. アフィリエイト講義

    【記事の書き方講座その2】記事の構成および冒頭(書き始め)〜本文

    前回の記事では、記事を書くにあたっての心構えて的なお話をするだけで終わ…

  6. アフィリエイト講義

    【アフィリエイト】報酬が発生しない状況が続く中、モチベ-ションを維持するコツ

    僕は2〜3年くらいは何をやっても稼げない時期が続いていたので、「どうし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. せどり
  2. プロフィール

アーカイブ

  1. アフィリエイト講義

    【情報発信アフィリエイト】 自分の軸とか強みを作るためのポイントやコツ
  2. 仮想通貨

    仮想通貨・ビットコインの始め方など、これまで情報収集してきたことのまとめ
  3. 情報商材のレビュ-

    お悩みコンテンツアフィリエイトのレビュ-!と特典も(勝木悠二)
  4. アフィリエイト講義

    ブログでアフィリエイト記事を書いてて手が止まってしまったら自分の「情熱」を疑って…
  5. もう一歩踏み込んだコピ-ライティング

    コピ-ライティングの基礎と書き方のコツ10選!これを知ってるだけで劇的に文章力が…
PAGE TOP