アフィリエイト講義

ブログでアフィリエイト記事を書いてて手が止まってしまったら自分の「情熱」を疑ってみる

「ブログ記事のネタが思いついません・・・」というような相談をもらうことがよくあるのですが、思いつかないようであれば、書かない or 休むのが得策だと個人的には思っています。

まあ、こんなことを言ってても意味がないってことはわかるのですが・・・

でも、「書くことないけど無理矢理自分が儲かるために記事を何とか書きました」というようなテンションで書いた文章は、おそらくほとんどの場合、納得のいく記事にはならないでしょう。

自分でも納得がいかないものは、おそらく読んでいる方にとっても微妙な印象を受け取る可能性が高いです。

そういう記事は、文章を切って貼ったりして作成することが多いので、言葉にエネルギ-というか、情熱みたいなものが篭りません。

そうなると、単純に読み応えもなくなってくるので、次のアクションにも繋がってこないし、PV数も成約率も高くなっていきにくくなります。

「言葉に情熱がこもる」っていうと何だかぼんやりした表現ですけどね。

でも、これはスピリチュアルな話でも何でもなくて、そもそも言葉や文章は読み手側も「感覚」とか「印象」に重きを置いているので、書いている方の情熱とかエネルギ-みたいなものは、文章を通して潜在的にでも伝わってしまいます。

自分で書いて「この記事はイマイチ」とか「なんか面白くないんだよな」と思えるような記事だったら、おそらく、読む方としてもきっと「つまらない」と感じる可能性が高いです。

自分が書くのも苦痛だわ、読んでいる方も読みづらいわで、いいことないと思います。

そもそも、自分の記事や紹介する商品に対して情熱があるのか?

ノウハウとか戦略とか、あるいはコピ-ライティングとかを勉強していると、どうしても視点がミクロになってしまいがちです。

例えば、「セ-ルス記事に誘導する意図の記事を書きましょう」というノウハウがよく語られているのですが(僕もそういうやり方を教えることが多いのですが)、こういう記事を書く時に何だか気分がノらない場合は、そもそもとして「その先で紹介するコンテンツは本当にオススメできるものなのか?」というのを今一度考えてみるといいです。

多くの場合は、根本的にここに答えがあると思います。

だいたい、「何だか書けないんだよな〜」という場合は、本人がその商品を心から売りたい!と思っていないようなことも結構多いです(笑)

これは情報商材に限らず、物販ASPとかの記事を書くときもそうですね。

筆が進まない人というのは、商品に対するリサ-チ不足か、その商品に対する情熱がないかのどっちかでしょう。

書けないなら、もう一歩踏み込んで情報収集やリサ-チをすれば、だいたい質の高い記事は書けると思います。

もしそれでも書けないようなら、完全に情熱不足っぽいので、そういう記事は書かないでもいいかもしれません。

これは本当に当たり前の話なんですけどね。

自分が本心で売りたくもない商品を紹介する記事なんて、筆が進まなくて当然だと思います。

書きたくない時は、情報収集 or 書くのをやめる

まあ、売る相手や売り方によっては、時として自分が売りたくない商品を推奨すこともあるかもしれないです。(情報商材アフィリエイトではあんまりそれをやらないほうがいいと思いますが)

でも、本業とかで忙しかったり時間のないような人がせっかくDRMやアフィリエイトに取り組むんだったら、せっかくなら「心から自分がよかったと思えるもの」から取り組んでいくのが大切なんじゃないのかな、と思うわけです。

岡本ブログの場合はよくレビュ-記事を書いていたので、「こういう人にとってはこの商品はオススメですね」というようにして、色んな商品の記事を書いていました。

でもやっぱり、中にはなかなか記事が書けないこともありました。

そういう場合はだいたい、心の何処かに「自分だったら買わないんだけどな〜」という気持ちが潜んでいることが多かったです。

まあ、自分が欲しい商品と相手が求めている商品は異なるのでここは難しいところなんですけど。

でも、僕の場合は、今後は本能的に「これは僕が紹介するやつじゃないな〜」と少しでも感じたら、推奨するのはやめようかな、と思います。

この辺は人それぞれのスタンスなので正解とかはないですが、少なくとも僕はそうやっていこうかな〜と考えています。

もし、多岐にわたって幅広く商品を推奨していくようなスタンスを取る場合も、せめて「こんなん買ってもらっても意味ないだろw」とか思う商品を推奨しないことですね。

そりゃあ推奨するかどうかは好き好きでいいですけど、どうしても書けない!ってなっているのなら、そんな記事はひとまず書かないでもいいと思います。

僕の場合は、どうしても「書けね-」となった場合には、普通にボツにしていました(笑)

だいたい、売上の為に推奨しようとして、無理矢理切り口を変えて紹介しようとした時とかがこんな感じでしたね。

今、そこに時間をかけるくらいなら、もっと「どうしても紹介したい!」「どうしても語りたい!」ということを書いていった方が建設的ですからね。

最初は売ろうと思って記事を書いたのに、結局「個人的にはオススメできない」みたいな結論になってしまったら、それはそれで、そのことを書くことも多いです。

そうやって、率直に自分の心で思った感想や鋭い見解なんかはそのまま強烈なオリジナリティになるので、それはもう、売るというよりも、ブランディングに繋がる記事になるでしょう。

まとめ

記事をスラスラ書くためには、「これはどうしても紹介したい!教えたい!知ってもらいたい!」っていう気持ちがないと根本的にダメなんだと思います。

これはセ-ルスの時もそうですし、普段の記事を書く時もそうですね。

むしろ情熱というのは、そこからこんこんと湧き上がってくるものでしょう。

こんな至極当たり前なことを、ついつい忘れてしまうんですよね(笑)

戦略やノウハウや、あるいは「自分が稼ぐこと」などなど、ミクロな部分ばかりに目を向けてたらこうなることが多いです。

 

もし、頑張って記事を書いてて、「書くことね-!」とか「書きたくね-!」ってなったとしたら、

1  リサ-チや情報収集が圧倒的に足りない可能性(←ここに原因のある可能性はほとんど)

2  それでも書きたい情熱が湧いてこないのなら書くのをやめる

っていうのを参考にしてみてください。

ピックアップ記事

  1. コピ-ライティングの基礎と書き方のコツ10選!これを知ってるだけで劇的に文章力が…

関連記事

  1. アフィリエイト講義

    DRM・アフィリエイトを今から実践する人に手に入れて欲しい情報商材まとめ

    情報商材からDRMを学ぶなら、入口はいくつかあると思います。個人的…

  2. もう一歩踏み込んだコピ-ライティング

    【記事の書き方講座その1】記事を書く際の心構え

    記事の書き方や構成、あるいはコツなんかは様々あるのですが、今回は、「こ…

  3. もう一歩踏み込んだコピ-ライティング

    アフィリエイタ-としてのセ-ルス記事の書き方

    今回は、「アフィリエイタ-としてのセ-ルス記事の書き方」について、どこ…

  4. アフィリエイト講義

    【情報商材アフィリエイト】情報発信をしていくテ-マの選定について

    アフィリエイトや情報発信をやる!となったら、まずはじめに「どんなジャン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. せどり
  2. プロフィール

アーカイブ

  1. アフィリエイト講義

    【アフィリエイト】同時並行で異なるノウハウや手法に手を出すべきかどうか?問題とマ…
  2. アフィリエイト講義

    あまり「価値ある情報発信をしよう!」と考える必要はない理由
  3. 情報商材のレビュ-

    ホビリエイト・マスタ-ズカリキュラムのレビュ-付き特典
  4. アフィリエイト講義

    【情報発信アフィリエイト】 自分の軸とか強みを作るためのポイントやコツ
  5. もう一歩踏み込んだコピ-ライティング

    ライティング力を高めるためのインプットとアウトプット
PAGE TOP