情報商材アフィリエイト

既に情報商材はとっくに出尽くした感がある & 今後の情報商材の行く末などなど

昔っから薄々気がついている人も多いでしょうが、情報商材のほとんどって、内容の割に価格が高いですよね(笑)

インフォ業界が創世記だった頃はもっと酷かったらしくて、PDF数ぺ-ジのマニュアルで数万円〜数十万円の商品がヤフオクとかで売られていたみたいです。

「月収100万円稼ぐ方法を教えます!」っていう情報商材が数十万円で売られてて、いざそれを買ってPDFを見てみると「事故して傷害保険を得ましょう」とか「私と同じことをしてください」と書いてあるのみ、みたいな。

半分ギャグみたいな話ですけど、情報商材って、本当にそういうレベルだったらしいです。

 

今は内容も良くて評判の良い情報商材だったら数千円のものもあれば、せいぜい高くて1〜3万円くらいなので、これでもだいぶ内容と価格が伴ってきているのかな?と思います。

でも、これからはもっと、情報商材の情報そのものとしての価値は低くなってくる、みたいなことが囁かれています。

まあこれは10年くらい前から言われていたことだと思いますが、いざ実際にここ何年間か自分自身がこの世界で活動していると、より一層それを感じます。

情報商材の「情報そのもの」の価値について

正直、もうとっくに稼ぐ系の情報商材に真新しいニ-ズのようなものはなくなってきています。

あるとすれば、新しいサ-ビスやプラットフォームの出現に応じて、商材作成を生業としている業者さんが新たな商材をリリ-スしていくだけ、という印象でしょうか。

最近では仮想通貨とか、その辺関連の商材とかが盛んなんでしょうかね。

そんな感じで、斬新っぽいものや新しいっぽいものを無理矢理ノウハウ化して売り出しているのが昨今の情報商材の情勢だと思います。

少なくとも、真正面からの王道系の「稼ぐ手法」みたいなものは完全に出尽くしている感じですね。

数万円レベルで手に入る情報商材というカテゴリ-でいえば、もうある程度、買うべき商品の「答え」みたいなものは出てきています。

・新世界アフィリエイト
・アンリミテッドアフィリエイト
・PRIDE(プライド)
・ルレア

インフォトップでロングセラ-の有名どころで言えば、これらに勝る教材(情報そのものの質という意味で)が今からリリースされることはほとんどないと思います。

それ以外にも「個人的にはこっちの方がいい!」「こっちの方がまとまってるので初心者にも取り組みやすい!」っていう教材はたくさんあるんですけど、出てきたとしても、その程度のものです。

ノウハウや知識的にはもう出尽くした感もあるし、出たとしても「新しいサ-ビスとアレを掛け合わせた何か」みたいな手法ばっかりだと思います。

ノウハウ系の商材は安くなっていった方がいいと思う

ということで、これはあくまで僕の肌感覚ですが、情報商材の業界も「具体的なテクニック論」や「知識としての情報」に偏ったコンテンツはあんまり売れなくなってくるんじゃないのか?って思っています。

むしろ、そうなっていかなきゃダメなのかもしれないし、「ブラックボックスを作って数万円」というスタイルの、インフォ業界特有の風潮はどんどんなくなっていくと思います。

(あまりにも露骨なものはもうそんなに見かけませんが)

もちろん、テクニック論を求めている客層はいつだって一定数いらっしゃるので、売るのであれば徹底的にそういう人に向けて売るのがいいと思います。

でも、数万円〜数十万円の価格帯で、そういう真新しい手法の商材を売り続けるのは、そろそろムリがあるのかな〜って感じています。

 

感覚値としては、真新しいノウハウ系のコンテンツだったら、一般書籍くらいの価格帯がいいんじゃないかと思います。

1500〜3000円とかだったら、買う側としても気軽に求めやすいですからね。

評判的にもそのくらいだったら文句言われにくいでしょうし(笑)

でも、そうなると、購入する側としても大きな金額を支払っていないので、そのノウハウに対して本気になれない可能性もあるので、そこはちょっと何とも言えません。

そうなってくると、具体的なテクニック論とかノウハウに対しての「情報そのものの価値」に気がつきやすくなるというか、いい意味で「なんだ、ノウハウの価値なんて所詮はそんなもんか」ってなると思うので、そういう傾向になっていけばいいんじゃないかな-って思っています。

これからはどんなコンテンツが必要とされているのか

じゃあ、今後はより一層、どういう情報にこそ価値が生まれるのか?というと、単純な知識やノウハウという情報以外の付加価値の部分になってきています。

例えば、情報商材で販売者からのコンサルやサポ-トがついたものがあるし、グル-プへの参加権利とか、懇親会やらセミナ-やらの参加権利だとか、そういうコンテンツで付加価値をつけることによって、数万円とか、高額なものであれば数十万円とかの価格をつけて売ることができています。

 
単純な知識やノウハウを記載しただけの情報商材というのは、もはやあまり情報としての価値はなくなってきている風潮ですね。

まあ、この辺りの話はもう、かれこれネットビジネス大百科以降からず-っと言われ続けてきた話らしいですけど。

 

もちろん、情報なんてものは最初から「言い値」なので、売り方、売る相手によっては、どんなに低俗な情報でも高価格で売ることはできると思います。

でも、全体的なバランスを見る限りも、いまだにそういう売り方をしている商品はあんまり売れなくなってきているのかな-っていう雰囲気はジワジワ感じています。

ただ単純に情報をドパッと配布してハイ終わり、のようなコンテンツだけで価値を感じてもらえるような商品は、もうあんまりいいものは生まれないのかな?と思います。

要するに、「渡し方」とかもコンテンツの価値を左右する要因です。

 

というより、そういう、情報そのもの”以外”の部分を含めた部分にこそ、コンテンツの価値が存在しています。

 

「情報そのもの」の価値で満足度を得られている商品というのは、それこそ先ほど挙げたようなロングセラ-教材とかくらいでしょうか。

あの辺の教材とかだったら、サポ-トとかが付いてなくても、「買って損した」どころか「大満足」っていう人も多いです。

でも、基本的には、ノウハウとかを記しただけの情報商材で数万円以上するっていうのは、やっぱりちょっと高すぎるんじゃないかな-と思いますね。

少なくとも上に挙げたロングセラ-教材以上のクオリティじゃないと、それは通用しなくなってきているように思えます。

まあ、一部の異常価格な高額な塾とか、無料レポ-トか!っていうくらい内容の伴っていないダジャレ系転売教材とかは低クオリティのコンテンツでなぜか成り立ってますけど。

数万円以上レベルの商品で買う意義のあるものを挙げるとするなら、コンサルとかサポ-トとか、そういう情報そのものの価値とは別のところで付加価値をつけている教材でしょうか。

実力のある人から、直接添削とかコンサルとかしてもらうことに対してだったら、お金を払う価値は大いにあると思います。

・・・っていう理論で、いっつも僕のブログではCopyrighting Affiliate Programっていう教材をおすすめしているんですけど、やっぱり他人から直接ビジネスを教えてもらえるっていう環境は、どんな情報やマニュアルよりも得られるものは多いかな、と思っています。

サポ-トも受けずにマニュアルだけ読んでガツガツ取り組んでいける人だったらいいでしょうけど、自信がなかったり不安が大きい人ほど、そういうサ-ビスにお金を投じていくのがいいと思います。

小手先系教材ではなく「学ぶ系」教材の方が価値を感じやすい

サポ-トやコンサル以外で、個人的に情報商材として価値があるな-と感じるのは、「学ぶ系」とかでしょうか。

僕も今だに情報商材も買ったりしますけど、だいたい、買うんだったら、自分の進化とか成長に繋がりそうな学ぶ系の教材です。

あんまりいっぱい情報商材を見ていると、だんだんと学ぶ系以外のコンテンツにお金を払う価値が見出せなくなってきますからね(笑)

「学ぶ系」っていうと抽象的ですけど、本質や原理原則を語ったような、どちらかと言えば抽象度の高い教材とかの方が、よっぽど買う価値はあるのではないかと思います。(もちろん、具体的なノウハウ教材の全てがダメというわけではないです)

例えば、昔から有名なもので言えば「ネットビジネス大百科」とか、「新世界アフィリエイト」とか、先ほどの「Copyrighting Affiliate Program」とかも個人的には学ぶ系です。(上記リンクの記事が一部古くてすいません)

こういう原理原則系の抽象度の高い商品は、「価格にするとどのくらいか?」っていうのを判断することがなかなか難しいです。

人によっては「もうお金には変えられません!」っていうくらいの価値を受け取ることができるだろうし、あるいは他の人からすれば「何だこれ、俺には役に立たね-よ」みたいになるかもしれません。

でも、「稼ぐ!」っていうよりも、どちらかと言えば「自己成長」みたいなところに重きを置いている人だったら、学ぶ系や原理原則系みたいに、ボヤ-っとしている教材の方がきっと受け取れる価値は大きいはずです。

情報商材は消え失せていくのか?

もちろん、「じゃあ情報商材そのものはもう必要なくなってくるのか?」というと、そんなことはないと思います。

そもそも、情報商材っていうのはただの1つの形式っていうだけであって、「情報という商品」自体が消え失せることはないでしょう。

あまりにも悪質な商品とかは自然と少なくなってきますが、何だかんだで形を変えて存在し続けるとは思います。

少なくとも、テクニックやノウハウ重視の情報商材は、もう少し価格が安くした方がいいんじゃないかな?って個人的には思っています。

もちろん内容にもよりますけど、ただ情報が記載されただけのPDFに数万円払うのって、買う側からすればキツいですからね。

お金を払うことによってそのコンテンツに対して本気になれる!っていう要素は確かにありますけど、そもそも、多くの人は数万円のテクニックやノウハウを読んだだけじゃあ本気になれないですからね(笑)

そう考えると、情報を記載しただけのコンテンツなら、やっぱり安いに越したことはないです。

売る側からすれば、情報商材の価格がどんどん安くなっていけば、確かに利益が少なくなってしまうので大変かもしれません。

だから、しっかりいいものを作って、どんな価格であろうと買って満足してもらえるような商品を作る必要があるということですね。

本当に昔から色んな人が言っていることなんですけど、なぜか今更ながらこんな感じでありきたりなことを書いてしまいました。

情報商材をアフィリエイトするなら、ずっと売れ続ける良いものを

今から情報商材アフィリエイタ-として活動していくのであれば、どんな商品を、どんなお客さんにどんな形で紹介すればいいのか?ということを、もっと長期的に考えていく必要があると思います。

これまた昔からず-っと言われている王道的な話ですけど、出来るだけ、長く売れ続けていて、自分も大好きで、評判も良くて優良な商品を、ガッチリと企画やら特典やらを付加して売る、っていうのが最も合理的だと思います。

個人的にはもう、ただのPDFマニュアルだけの情報商材、あまり紹介したいものがないのかな、っていう心境なので、今後はそんな感じで、紹介 or 推奨するコンテンツは絞っていくことにします。

もちろん、ただ情報が記載された情報商材でも、役に立つものや価格に見合うものはたくさんあるんですけどね。

また、その商品をどういう角度で捉えるのか?という視点も大切なので、結局大切なのは自分自身の情報発信力、ということでしょうか。

 

というわけでは、話があちこちにとんでしまいましたが、何かしらの参考にしてくれれば嬉しいです。

ピックアップ記事

  1. コピ-ライティングの基礎と書き方のコツ10選!これを知ってるだけで劇的に文章力が…

関連記事

  1. 情報商材アフィリエイト

    【情報商材アフィリエイト】長く売れ続けるためのコツ

    アフィリエイトを実践している方から、「どの教材を推奨しようか考えて…

  2. 情報商材アフィリエイト

    情報商材アフィリエイトのやり方や、絶対にやるべき人・やっちゃダメな人

    僕がここまで専業でやってきた上で行ってきたメインとなる活動は「情報商材…

  3. アフィリエイト講義

    DRM・アフィリエイトを今から実践する人に手に入れて欲しい情報商材まとめ

    情報商材からDRMを学ぶなら、入口はいくつかあると思います。個人的…

  4. アフィリエイト講義

    【情報商材アフィリエイト】情報発信をしていくテ-マの選定について

    アフィリエイトや情報発信をやる!となったら、まずはじめに「どんなジャン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. せどり
  2. プロフィール

アーカイブ

  1. 情報商材アフィリエイト

    【情報商材アフィリエイト】長く売れ続けるためのコツ
  2. 情報商材アフィリエイト

    既に情報商材はとっくに出尽くした感がある & 今後の情報商材の行く末な…
  3. もう一歩踏み込んだコピ-ライティング

    【コピ-ライティング】効果的なタ-ゲットリサ-チのやり方
  4. もう一歩踏み込んだコピ-ライティング

    説得力を高める文章の書き方「主張をしたら必ず理由を添える」で記事は読みやすくなる…
  5. 「宇崎さんの師匠」関連

    メルマガにおけるシナリオ構成と価値提供のロジック【Branding Writin…
PAGE TOP