情報商材のレビュ-

【エベン・ぺ-ガン】ダイレクト出版の本を初めて注文!売り込みが激しい!

生まれて初めて、ダイレクト出版さんの本を注文してみました。

注文した本は、エベン・ぺ-ガンさんっていう人の「あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法」ってやつです。

正直、僕は「海外のマ-ケッタ-から学ぶことはねえ」とか思ってるタイプなので送料の500円すら躊躇したんですけど、ダイレクト出版の一連の流れを知ってみたくてこの度注文した次第です。

なので、今回は本の書評というか、ダイレクト出版さんの一連の流れとかを記録しておこうと思います。

ちなみに本の内容自体はまあ、普通でした。

ちょっとした書評とかも後で記載しておきます。

ダイレクト出版について

まず「ダイレクト出版」っていうのは、アフィリエイトやってる人達からすれば結構名が知られた?出版社です。

特徴としては、

・一般書籍レベルの価格(3000円くらい)の本なのにアフィリエイト報酬がやたら高い
・外国人マ-ケッタ-が次々に出てくる
・バックエンドやクロスセルなどの売り込みがハンパない
・キャンペーン中は本が無料(送料の500円だけかかる)で手に入る

などなどが挙げられます。

特にその売り込みが強くて、世間一般的には怪しい目で見られがちな出版社さんですね。

売り込みの手法が情報商材っぽい感じなので、オモテ系の人達はあんまり紹介しないことでも有名な感じです。

ちなみに、ダイレクト出版はセ-ルスがやたらと強いだけで、悪質なことは一切やってないです。

中には「ダイレクト出版で本を買ったらうんぬん」などと評判されていますが、むしろ健全に良いコンテンツを提供しているので安心して本を買って大丈夫です。

ダイレクト出版のバックエンド商法がハンパじゃない

でも、とにかく注文後の売り込みがハンパないです。

今回、エベンさんの本を購入した後も、即座にこんな感じのぺ-ジが。

こんな感じで、「このペ-ジは期間限定の特別なオファ-です」という選択肢を提示して利益を得ているというのがダイレクト出版の手法です。

 

話には聞いていたものの、実際に受けると勢いがハンパじゃないです。

情報商材の世界に生きている人達ならこのくらいは平気でスル-できますが、そういうのに免疫のない人だったら素直に申し込んでしまいますよね。

なかなか強制力が強いオファ-なので、この辺りで嫌悪感を感じる人も多いことでしょう。

これが悪質なものになってくると、「このオファ-を断ると稼げません!」くらいの勢いでプッシュしてくる高額スク-ルなどもあります。

ダイレクト出版はそういう印象は(個人的には)受けませんでしたが、セ-ルス慣れしてない人からすればこれを食らったらテンパること必至でしょう。

肝心の書籍は健全だし安く手に入る

そんなこんなで高額なセ-ルスが控えていますが、本は普通に注文できます。

今回は送料の500円のみで購入。

こうなると、本体価格2980円もあってないようなものですけどね。

ダイレクト出版の本は、大抵無料で手に入るキャンペーンとかがあるので、その期間中に注文すれば送料の500円のみで手に入れることができます。

注文してからしばらくしたら自宅に届きました。

丁寧に包装されていて好印象です。

 

エベンさんの「あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法」内容について

内容は、個人的に参考になるところはほとんどなかったですが、割とまともな本だと思います。

無料だからあまり内容のないコンテンツかな?とも思いましたが、書籍としては普通です。

読む人によってはきっと大きなヒントもあると思うし、良書って言ってもいいかもしれないです。

ダイレクト出版の本でも当たり外れがあるみたいですけど、(もちろん受け取り手にもよるでしょうが)このエベンさんの本はどうなんでしょうね。

多分、当たりでもなくハズレでもないくらいでしょうか。

「現代広告の心理技術101」とかはやたらと評判が高いのですが、個人的な感想としては、この本は基本的にはデジタル商品やコンテンツビジネスの可能性について言及したフロントエンド感の強い内容のように思えます。

3〜4割はデジタル商品の可能性話などで、あとはアイデアの出し方、タ-ゲットや市場の選定、マ-ケティングの話とかが中心です。

肝心の「デジタル商品の作り方」に関しての内容はちょっと薄かった気がします。

さすがにこれを読んだだけで自分のデジタル商品を作れる人はいるのか?といえば難しい気がします。

だからこそ、その辺はバックエンドの「デジタル・プロダクト・ブル-プリント」に参加しろ!ということなのでしょう。

アフィリエイト報酬が高いから人によっては激推ししてる

ダイレクト出版からリリ-スされる書籍の多くは、内容に関わらず、大抵アフィリエイト報酬が劇的に高額です。

無料の本を1冊紹介するだけで1件2000円って!

VIPの人なら1冊紹介で1万円とかもあるみたいです。

何故これだけアフィリエイト報酬が高いのかというと、先ほどのバックエンドオファ-などで利益を得ているからです。

ダイレクト出版の書籍を紹介している人が多いのはこのためです。

本の内容自体が良いものも多いので、純粋に「これはいい!」って紹介する分にはいいと思いますけどね。

でも、基本的な全体構造はこんな感じになっている、ということを知った上で色々と手をつけるのが良いでしょう。

バックエンドはさすがに買えない

バックエンドの高額コンテンツは、さすがに購入してません(笑)

だから内容の良し悪しはちょっと伝えられないんですけど、「本当に自分にとって必要か?」をよく検討すべきでしょう。

申し込み期間が限定されているからといって、ムリして参加するのはやめた方がいいと思います。

それでも自分で参加した方がいいのかどうしても迷っているなら、「いつでも参加できるとすれば自分は参加するだろうか?」を基準に考えてみればいいんじゃないかな、と。

焦って参加を決断する時点で、普通じゃない選択してる可能性が高いです。

どうしても参加したいのであれば、ちょっとセコいですけどまた本を買えばいいですしね。

今回のエベンさんの「ブル-プリント」でいえば「コンテンツを作成する」みたいな数ヶ月のコンテンツでしたけど、結局のところ、やること自体は

・コンテンツを作る
・それを売る

だけです。

それを行なっていくにあたって、自分にとって必要であれば参加すればいいんじゃないですかね!

ただ、それを学ぶにあたって、「本当に文化や環境のことなる海外の人から教わりたいですか?」っていうのを考えた方がいいと個人的には思っています。

なぜなら、言うまでもなく、海外のマ-ケッタ-達のコンテンツから学べるマ-ケティングは、まさにこのダイレクト出版が得意とする一連の売り方だからです。

日本人には相性が良くないと思うダイレクト出版さんの一連のコンテンツ

今回初めてダイレクト出版の書籍を注文したんですけど、個人的には、僕の肌には合いませんでした。

本の内容もそうだし、全体的なマ-ケティングの仕掛け方も含めてです。

というよりも、海外の凄腕マ-ケッタ-?みたいな人たちのコンテンツが根本的に参考にならない、したくない自分がいます。

まずアレなんですよ、全体的に手法が海外でやってることをそのまま日本に持ち込んでる印象なので、その辺から僕達は何かしらの違和感を感じるんだと思います。

これはダイレクト出版に限らず、高額塾とかのプロダクトロ-ンチとかにも言えることだと思います。

海外のやつをそのまま日本に持ち込んで「最新のマ-ケティング!」とか言ってるから強引な印象を受けるんだと思います。

基本、英語圏?の人達のビジネスって「数字出してナンボ」のような雰囲気があって、その実績とかが、日本よりかはもっと素直に賞賛されやすい環境のような気がするんですよね。

だからこそひたすら「〇〇億円を売り上げた」みたいなところを全面的に出すのが当たり前の感じになってるんですけど、そもそもこの風潮や雰囲気が、根本的に日本人には合ってない気がします。

日本でそれをやっちゃうと、どうしても「うっとうしい」とか「煽り系」みたいな言われ方をして、怪しい目で見られがちですからね。

まあ日本人だけがそうなのかどうかはわからないですけど、こういうガツガツ系のマ-ケティングに違和感を感じている人の方が多いでしょう。

少なくとも僕はやりたくないな〜って、どうしても思ってしまいます。

おそらく、海外ではダイレクト出版ライクな、こういうガツガツ系の売り込みが割と普通に受け入れられていると思うんですけど、「だって日本は遅れてるんだもん」と言ってムリして日本人が丸パクリしないでもいいんじゃないかな?って僕は思ってます。

ということで、今回の話をまとめると、

・ダイレクト出版の書籍はいいものもあれば、普通のものもある

・アフィリエイト報酬が高いから紹介する人も多い

・とにかくその後の売り込みが(一般的な日本人からすれば)強引に感じる(人が多いと思う)

みたいな感じです。

全体的に、ダイレクト出版のコンテンツやマ-ケティングは肌に合いませんが、自分にとって勉強になりそうな書籍とかは積極的に参考にしていっていいんじゃないでしょうかね。

ということで、最後まで読んでくれてありがとうございました。

ピックアップ記事

  1. コピ-ライティングの基礎と書き方のコツ10選!これを知ってるだけで劇的に文章力が…

関連記事

  1. 情報商材のレビュ-

    Cyfons(サイフォンス)を使い初めて半年程。感想などをレビュ-&特典

    購入してしばらく経つのですが、タイトルの通り「新世界スク-ルシステ…

  2. 情報商材のレビュ-

    ホビリエイト・マスタ-ズカリキュラムのレビュ-付き特典

    岡本です。今回の記事では、「ホビリエイト」というトレンドアフィリエ…

  3. 情報商材のレビュ-

    お悩みコンテンツアフィリエイトのレビュ-!と特典も(勝木悠二)

    岡本です。インフォトップで「お悩みコンテンツアフィリエイト」という…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. せどり
  2. プロフィール

アーカイブ

  1. アフィリエイト講義

    DRM・アフィリエイトを今から実践する人に手に入れて欲しい情報商材まとめ
  2. アフィリエイト講義

    アフィリエイト活動に利用しているサ-ビス・アプリ・環境について
  3. アフィリエイト講義

    【記事の書き方講座その3】記事の締めを書くにあたってのポイントやコツ
  4. アフィリエイト講義

    【アフィリエイト】報酬が発生しない状況が続く中、モチベ-ションを維持するコツ
  5. 情報商材のレビュ-

    Cyfons(サイフォンス)を使い初めて半年程。感想などをレビュ-&特…
PAGE TOP